読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【イケメン社長から学んだ危機管理術】

 

女性をターゲットにした居酒屋のオープンを目指してる人がいて、女性ターゲットならイケメン店員揃えてね、とコメントしたところ、イケメンがいるとうわさの六本木のhonaAZABへなぜか私が潜入調査へ行ってくることになりました。

調査メンバーは踊る獣医師、ご縁セラピスト、イケメン建設系社長と自称敏腕弁護士の私。そんなメンバーなので当然のように?モテとは、イケメンとは、という話に。

イケメン社長のモテ話を聞いてその危機管理能力におののくとともに、彼の経験上男女関係のトラブルがなきにしもあらずだったことを想像せざるを得ませんでした。

(ちなみに、以下の話は彼が独身のときの話という設定になってますので悪しからず)
その人の、話によると、
地方のカウンターで飲んでると、声をかけてくる人がいる(それって普通なのか?)のでそこで意気投合する。

終電の時間には二次会を終わらせて、女の子に帰るか否かの選択肢をあげる。女の子が残ったら、お持ち帰り。

とにかく女性ファースト。自分の自慢話ばかりしたりするなどの独りよがりはアウト。

なんというか、やっぱりモテる男性は表向きガツガツしないから、余裕があるように見える。あるように見える余裕がさらにモテに。という好循環にあることがわかります。

でも、私の1番の関心ポイントは、終電に間に合うように二次会を終わらせる。
これ一見すると親切そうにみえるけど、超すごい危機管理術!!
だって、女の子に自分で残るか帰るか決めさせてるわけだからね。これで、途中でやっぱり無理!とか、後日あのときは断れなくて無理やり気味だった!と言われる危険を減らしてるんだもん。
しかも、相手に選ばせる!っていうのはなかなか応用が利きそうですよね。
きっとめんどくさいことになったことがあるんだろうなぁ、そっちの話も今度ききたいなぁと思ったのでした。
まぁ、私、終電だよって言われたら帰るけどね!!

明日に続きます(^^;;。

ちなみに、踊る獣医師小森谷さんがブログにまとめてくれたイケメン社長のモテ講義は下記の通り。

http://www.odoru-jyuuishi.com/entry/2017/03/13/234732

・イケメンとは顔だけの事を言う訳ではない

・とにかく女性ファースト

・終電の時間までに2時会は終わらせろ

・帰るかどうかの選択肢を女性に与えろ

・モテたい奴に限って自分よがり

・自分の話ばかりする男は全くだめ

・1件目の段階から次の店に誘ったりなぞ論外

・素の自分で勝負しろ、世の中の男ども!

・顔のつくりなんざ、1mm2mmしか変わらねぇ!