読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNS 起業女子に聞いた目からウロコのSNS活用法

SNS起業の話を小田桐あさぎさんに聞きに行った話の続き。

 

どちらかというと、私はひねくれてるので、「いや、あさぎさんは成功してる人だからいいけど、そんな人ばっかじゃないでしょ?」という素朴な疑問が。だって、
SNS起業女子というくらいだから、他にも何百人もいるわけですよ。

その中で、頭一つ抜きん出る方法とは!?

すっごく当たり前だけど意外とみんな意識してないこと。え、そんなことまで教えてくれるの!?
それがこれ!!

↓↓↓

1 目的を決める
2 有名になる覚悟を決める

意外とシンプルでなーんだ、と思うかもしれないけど、言われてみるとそれができてない人が多い!!
そして、SNS起業女子以外にも通じる!

1 目的を決める。

これを意識しない投稿は、単なる日記になっちゃうよね。
お金を得たいのか、有名になりたいのか、友達が欲しいのか、SNSを活用するならそこから決めとかないと。
たとえば子供が遊んでる動画載せますね。自分や自分の知り合いは、それを見て可愛いなぁ、成長してるなぁと思います。これは友達との交流としては十分。私も友達のこういう投稿好きです

でも、あなたのことを知らない人はその動画には興味ありませんよね。その動画を投稿することであなたが有名になったり、お金を得る可能性はほぼ0です。

じゃあ、これがありえないすごい動画。たとえば3歳児がムーンウォークをする動画だったら?話題になってシェアする人も増えますよね。あなたは、ムーンウォークする3歳児のママとして有名になるかも!?ただ、これでは収益にはつながりませんよね?

でも、あなたがダンス教室の先生だったり、ダンスの天才を育てるマインドとかを講演したりするのだったら??アップした動画が収益につながりますよね。
だから、目的によってどんな内容のものをどう投稿するかが変わってくるんです。


2 有名になる覚悟を決める

SNSを始めるとしても、投稿を公開してたたかれたらどうしよう、と心配しているあなた。

結構多いと思うんだよね。確かに、ネットで叩かれるって世界中から責められる!とか誰かわからない人からたたかれる!というイメージがあって特に女性にとっては恐怖ですよね。
私も、今冷静になって考えるとあんなことして何が楽しいの?ってレベルの嫌がらせされたことあるけど、当時は恐怖でしかなかった。

でも、あさぎさんは、「批判的な意見が出てなんぼ!」と言ってました。「その意見の裏に10倍あなたを支持してる人がいるから」、とも。

確かに、どこかでランチしたとか当たり障りない内容に他の人は興味持たないですからね。世間の人はあなたにそんなに興味ありません。

むしろ、批判的な意見が出るということはあなたにそれだけあなたの意見が届いてるということ。

しかも、勁草書房発売の「ネット炎上の研究」という本によると炎上参加者はネット利用者の0.5%だったっていう研究があるくらいだから、批判的な意見を書き込む人って意外と少数派なんですよね。

そんな少数派の意見を気にしてたらもったいない!!

と、マインドが決まったところでじゃあ何を書こう?という問題が!!
それについてはまた明日(*゚▽゚)ノ

f:id:blogatsuko:20170309204119j:plain


余談:弁護士としては、ネットの嫌がらせに対して警察、検察はもっと敏感に反応して欲しいです。管理会社がアメリカだからとか、ネットようわからんからという理由で被害者のヘルプをすくい上げるのに鈍感になってる感じを受ける。
万引きとかわかりやすい犯罪は高確率で逮捕したりするくせに、と相談を受けるたびに思っちゃうんだよね。

ツイッターやってるので、よかったらフォローしてください。
https://mobile.twitter.com/Atsuko_law